関心の方がきてしまう

関心の方がきてしまう

「ジャルってんじゃねぇよ〜カウントダウン〜」

「興奮し過ぎた奴ら」
「くしゃみとゲップとあくび」
「機嫌悪い生徒に急に怒り出す先生」
「嘘つきと通す奴〜CD〜」
「ボロくそ言われて、関心する奴」
「高校生のくせにECOの歌作る奴」
「尻にペットボトル入れようとしてんの見られる奴」
「新年より誕生日大事にする奴ら」
「職員室ではスポ刈りの先生」
「何回も確認する奴」
「最低人間」
「男子高校生のくせに女の子目線の歌作る奴」
「写真撮影」
「笑って、力んで、屁出て、また笑う奴」
「葬式」

(途中、ブリッジVTR「雑誌のインタビューで嘘をついてますよね?」)

おなじみキャラや、おなじみ設定多々といえど、あんな馬車馬状況でも15本ものコントコントコント!
やっぱりサイボーグだったんだ、ジャルジャルって(確定)
だって全部が全部、ものすっんごいおもしろかったんですから。
でもジャルジャルって、一周して顔芸なんじゃないか!?説。
角刈り先生のオチが好き。

ちなみに日をまたぐ瞬間には、入場時に配布された袋をパンと割って、みんなでカウントダウン。
といっても、「HAPPY NEW YEAR」ではなく「HAPPY BIRTHDAY」。
見ず知らずの人の68回目の誕生日を祝わされた・・・というコントでしたとさ。

name
email
url
comment